顔のたるみの原因・年齢肌対策

顔のたるみの原因を知って若々しい肌を作るスキンケアを始めましょう

顔のたるみ,原因,目の下,たるみ,しわ

顔下のたるみの主な原因は、筋肉の衰えです。
顔の骨を想像してみればよくわかりますが、頬には骨がありません。
眼窩や顎のつけ根からは骨がありますが、頬は筋肉だけでできています。

 

若年層はこの筋肉にハリがあり、よく動かしていることもあり、たるむことはありません。

 

表情筋の低下は顔のたるみを加速させる

その筋肉が衰えていくと、骨という支えがないためにそのまま下に落ちていきます。
それが顔や頬のたるみです。特に顔下からたるみができるのは、この部分の筋肉の衰えが早いこと、またこの部分の筋肉を鍛えるのは意識して鍛えるかマッサージをするかのどちらかでしかないことに理由があります。

 

顔下の筋肉も、いわゆる「変顔」のような、普段あまり動かさないような筋肉を動かしていくことで衰えた顔の筋力を戻していかなければなりません。
重力に引っ張られ、顔下がたるんで頬や顎下につながりますから、二重あごやエラが大きくなったと感じたらすでに顔下がたるんできている証拠です。

 

年齢による乾燥をスキンケアで補いましょう

また、年齢的にコラーゲンが不足していくこともあり、肌のターンオーバーが鈍くなります。
そのため肌が硬くなり、うるおいや弾力が失われます。

 

肌の弾力や潤いを守る成分でのスキンケアは、たるみ対策のポイントとなりますので、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド、プラセンタなど、肌の水分を保持、生み出すスキンケア化粧品を選んぶことも大切です。

 

外部からのダメージから守るための保湿が重要となります。

 

 

 

>> 目の下のたるみ対策化粧品ランキングTOPへ


page top