目の下のたるみをとるレーザー治療とは?

目の下のたるみを解消するレーザー治療

目の下のたるみを解消させる方法のひとつにレーザー治療があります。

 

レーザー治療といっても、レーザーメスで切開する方法とは別の方法です。いわゆる切らない目の下のたるみ治療となっています。

 

脂肪除去手術についてはこちらで確認できます。
>> 脂肪除去手術

 

切開手術とは異なるレーザー治療の内容は、レーザーを目の下のたるみ部分に当てることで皮膚の活性を高め、コラーゲンの産生を促していく方法です。

 

症状に合わせてレーザーの種類を選びます。

 

皮膚深部に届き、コラーゲンの増殖に直接働きかけることができるレーザーは、治療を重ねるにつれてハリが高まっていきます。

 

光の刺激で皮膚の血行や代謝を高める期待ももてます。
また、微細な炭酸ガスレーザーを当ててたるみにはたらきかける場合もあります。
軽度のたるみにおすすめです。

 

レーザー治療の主な種類や機器

ラジオ波(RF波)

家庭用美顔器にも搭載されることが増え、身近になったラジオ波です。こちらの治療は熱エネルギーによって表皮ではなく真皮に作用するというのが特徴。レーザー治療の特徴であるコラーゲン生成を促すのに働きかけるというのが特徴です。

 

たるみ治療のサーマクールもこのラジオ波を用いた治療の一種とされています。

 

サーマクール

サーマクールは高周波を持ちたRF治療の一つで、今ある肌を肌細胞を一時的に活性化させる治療法とされています。
肌表面ではなく、肌内部を熱することで肌細胞を活性化してたるみを治療するというものです。

 

メスを使わない治療というネーミングで知名度を上げ、日帰り治療が可能であり、しかも一定の効果が期待できるというのが魅力とされています。
皮膚表面を冷却をして電気抵抗を減らして熱作用から皮膚を保護して電磁波を照射するというものです。

 

冷やしていない肌の深部は電気抵抗が高くなってコラーゲンや細胞が熱変性を起こさせてコラーゲン産生を活発にして肌にハリを生み出すというのが仕組みとされています。

 

スマスアップ

スマスアップ(SMAS-UP)は電気刺激と高周波を用いたレーザー治療です。
熱エネルギーで表情筋など、筋肉にアプローチして活性化を促し、リフトアップをはかる美容医療機器の一つです。
たるみ対策だけでなく、しわやセルライト、引き締めといった目的にも適していて全身にも使用できるレーザーです。

 

痛みやダウンタイムが少なくマッサージのような印象を与えてくれる治療ということもあり、美容治療に慣れていない方にもおすすめされることが多いです。

 

タイタンXL

タイタンXLは水に対する吸収率が高い近赤外線を用いたレーザーです。
近赤外線は1100〜1800mmとなっていて、真皮層内の水分に熱を吸収させ、この熱によってコラーゲンの収縮させることでたるみ改善をめざす治療です。

 

コラーゲン産生を促す線維芽細胞を刺激するため、約1カ月ほどしてから引き締めやリフトアップを実感できると言われているレーザー治療です。

 

ウルトラリフト

美容機器の一つです。サーマクール以上に深い部分にまで達する超音波の熱エネルギーを用いたマシンで到達するのが困難だったSMAS筋膜(皮下組織より深い層の筋膜)にまでアプローチができます。

 

ただし、術中の痛みとしては皮膚の下に響くような鈍痛を感じるという声が多く、痛みを感じるということで敬遠される方もいらっしゃるようです。

 

ギャラクシーポラリス

高周波(ラジオ波)とダイオードレーザーを組み合わせた機器です。真皮層に効率良く電気エネルギーを作用させ深部の細胞を意図的に破壊してコラーゲン生成を促すことを目的としたたるみ治療のレーザーです。

 

フルクショナルレーザー

フルクショナルレーザーはレーザー照射の仕方を面ではなく、点で照射することで皮膚にごく小さな穴をあけるという特徴があります。
これによって正常組織に対して再構築、瘢痕組織に対して収縮をさせることでコラーゲンを増やし肌の再生によって若々しい肌を生み出すのを促すというのが特徴です。

 

Non-AblativeフラクショナルレーザーとAblativeフラクショナルレーザーの2タイプがあり、Non-Ablativeフラクショナルレーザーが皮膚をやや強めに治療する際に用いられて、Ablativeフラクショナルレーザーは皮膚を強めに治療する時に用いられています。

 

メスを入れる手術よりも負担が少ないので安心

目の下のたるみを切ってたるみをとる手術と比べると身体への負担がほとんどないのが特徴です。
目の下にできるたるみの原因が、加齢によるものの場合は、目の下の脂肪が膨らむことで生じる場合が多くあります。

 

この場合は高周波レーザーメスで眼瞼結膜を小さく切開して余分な脂肪を除去することで解決へ導くことができます。

 

レーザーメスを使用した場合は出血もなく、表面から見える傷口もないため、仕上がりが美しいのが特徴です。
脂肪を切開したのちに赤外線レーザーを当てて真皮層が痩せるのを防ぎ、若々しい目元を実現させる方法もあります。
じぶんのたるみの原因を知り、適切な治療を受けることが大切です。

 

レーザー治療と言っても美容機器によって名称が違ったり仕様が違う場合もあります。
また、クリニックによって導入している機器に違いがあるのも特徴です。

 

単一の機能ではなく、いくつかの機能を持ち合わせている機器もあります。特徴とクリニックの治療メニューをチェックして自分が求める治療法をチェックしましょう。

 

サーマークール治療はこちら

 

 

レーザー治療以外の目の下のたるみ治療

目の下のたるみ治療にはレーザー治療以外にもありますよね。
有名な治療としてはヒアルロン酸注射(注入)・脂肪注入というのがあります。

 

それぞれが直接目の下の皮膚に注入することでハリを生み出すという治療となっています。
これらの治療の最大の特徴は注入後に変化が出やすい即効性にあります。

 

ヒアルロン酸注射(注入)

ヒアルロン酸注射(注入)は透明なジェル状のヒアルロン酸を注射する治療となっています。
皮膚下にヒアルロン酸を注入することでくぼみを押し上げるようにハリを生み、へこみを平らな状態を作りたるみを解消するというのが特徴です。

 

ダウンタイムはほぼなく、術後にメイクをすることが可能です。ただし持続性は長くて12カ月ほどという点がありいずれヒアルロン酸が体内に吸収されてしまう点があるため、3カ月くらいに一度注射を行うことで持続させるという点で継続して治療を受ける必要があります。

 

ボトックス注射

ヒアルロン酸注射のほかにボトックス注射がありますが、表情じわに対して有効だとされている注射の一つです。たるみとしわは共に年齢と共に表れる肌の悩みです。表情シワを作る原因となる筋肉へアプローチしてしわを解消する目的とされています。

 

脂肪注入

へこみが目立つ目の下のたるみ治療に用いられることがあるのが脂肪注入です。
くぼんでいる目の下に適度なふくらみを与えられるというのが特徴です。

 

>> 目の下のたるみ対策化粧品ランキングTOPへ

page top