目の下のたるみの切開手術

目の下のたるみの切開手術の主な種類

目の下のたるみを美容整形・美容外科、美容クリニックで治してもらおうと考えた時の選択肢に切開手術があります。
これによって目の下のたるみを消すことができたり、除去することに繋がるため、切らない目の下のたるみ治療ではなく、切開手術をされる方もいらっしゃるようです。

 

目の下のたるみに有効な切開手術の主な種類

目の下のたるみ切開術には

  • 下眼瞼切開法・下眼瞼除皺術
  • ハムラ法
  • 裏ハムラ法

などがあります。

 

下眼瞼切開法・下眼瞼除皺術

たるんでしまい余った皮膚を切開して皮膚を引き上げるように縫合してたるみを除去するという術式とされています。また、脂肪も一緒に飛び出している場合には脂肪も一緒に切除することもあるようです。

 

ハムラ法

ハムラ法はしたまぶたのまつ毛の下の目立たない所を切開して膨らんでいる所の部分の脂肪をへこんだ部分に移動させ固定するという切開手術です。
ふくらみの大きい方などにおすすめされています。

 

裏ハムラ法(経結膜式脂肪移動術)

また、裏ハムラ法というものも存在し、こちらは下まぶたの裏側の結膜側を切開して膨らんでいる脂肪をへこんだ部分に移動し固定するというものです。
皮膚表面を切開しないというのが特徴です。

 

ハムラ法、裏ハムラ法は切開して切除するのではなく、移動させるというのが特徴ですね。

 

目の下のたるみの切開手術のメリット・デメリット

メリット

メリットは余った皮膚が多いといった時に有効だと言われています。また、目元の印象が変わり、段差が無くなるため、たるみだけでなく、黒クマの解消にも有効というのが挙げられています。
ただし、ハムラ法・裏ハムラ法は脂肪を移動するという手術のため、余った皮膚に対して影響が少ない点で不向きという面があり、切開手術にも向き不向きがあるようです。

 

デメリット

対してデメリットは切開を伴いますので、ダウンタイムがあることです。腫れも出ますし、術後の生活には気を配る必要があります。
目元のメイクができないなど、生活にも影響するため、中々気軽にというのが難しい面があります。

 

また切開という性質上、仕上がりについては手術を行う先生の腕にも影響される面があり、整形と同様に名医を求める方は多いです。

 

目の下たるみの切開手術で失敗と感じるケース

目の下のたるみを切開手術によって消そうと考えた場合に気になるのが、手術の失敗、もしくは思ったような仕上がりにならなかったというものです。
特にたるみがある下瞼の脂肪を除去することで印象がかなり変わります。

 

そしてへこみやくぼみがなくなることで、顔の印象にメリハリがなくなるという仕上がりが思ったものと違ったというものです。また皮膚を引き上げて縫合するということで、目の下部分が引っ張られているような印象になるケースも報告されています。

 

そして一番多いのが、切開した箇所のひきつれ、さらには目のサイズが変わった、左右非対称になったという不満の声もあります。
そのため、プチ整形をしたことをまわりに気付かれてしまいやすいという点も口コミに多いです。

 

切開手術は脂肪や皮膚が余った部分を切除して縫い合わせる物理的な治療と言えます。それによって余った部分がなくなりはしますが、皮膚自体にハリがでるわけではなくので、その後などにハリを生み出すための治療などを行うという方もいらっしゃるようです。

 

各切開術にも目の下のたるみの状態に対して向き不向きもありますので、この点はしっかりとクリニック選びで吟味していく必要があります。

 

どんな手術をするのだろう?と気になる方も多いと思いますが、有名美容外科やクリニックでは目の下たるみの治療や手術の症例や手術動画まで公開している所があります。こういったクリニックは情報に関する開示について透明性も期待できるため、カウンセリングなどでもしっかりとコミュニケーションが取れることを期待でる材料になります。

 

口コミにも多いのですが、一度メスを入れて切開してしまうと、もう元の自分には戻ることが難しいという点です。良い方向に変化できれば幸せですが、思った仕上がりでないということも少なからずありますので、やはり目の下のたるみを消すのに切開手術を選択するというのはしっかりと検討した上で行うことが賢明です。

 

また、クリニック側との診察やコミュニケーションの中で最善の治療法を提案してくれますので、まずはカウンセリングで目的とクリニック側の考え方を聞いてみるという所から始めるのがおすすめかと思います。

 

>> 切らない目の下のたるみ治療をチェックしてみる

 

 

 

>> 目の下のたるみ対策化粧品ランキングTOPへ

page top