目の下のたるみ対策の知識

目の下のたるみ対策のためのセルフケア

人の視線はどうしても目元あたりにいきます。
そのため、目の周りにしわができていたり、まぶたや目の下にたるみができていると、それだけで年齢を感じさせてしまいます。
いつまでも若々しい顔でいるためには、このたるみ対策は欠かせません。

 

スキンケアで対策

ほとんどの方が毎日欠かさず行っている、スキンケアですが、このお手入れ自体も年齢や肌の状況に合わせて、年齢を意識する必要があります。

 

例えば20代に比べると30代では、肌の潤いやバリア機能も低下し、肌トラブルも増え始めます。
さらに40代を超えると、肌内のコラーゲン、ヒアルロン酸などのハリを支える成分の減少も加速することから、スキンケアで保湿成分を補給してあげる必要があります。

 

おすすめの美容成分

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • プラセンタ
  • ビタミンC誘導体

これらの成分は年齢によって失われやすい潤いを補い、保つための成分では有名です。

 

年齢肌対策に役立つ濃密葡萄樹液ジェル

 

 

目の下のたるみ対策のおすすめマッサージ

目の下には骨があり、その少し上には「しょうきゅう」とよばれるツボがあります。
ここを自分の指でぐっと押したり、マッサージをすることによって、ハリを戻すことができます。
このマッサージならば、テレビを見ながらやったり、寝る前に布団の中でやったり、お風呂に入りながらすることもできます。

 

もうひとつの方法は、表情筋を鍛えるということです。
表情筋がゆるんでしまうことによって、たるんでしまうため、鍛えてあげることによってハリを戻すことができます。

 

表情筋のトレーニング方法
  1. 目を閉じます。
  2. 上のまぶたを動かさないで、下のまぶただけでウインクをする要領で目を閉じます。
  3. 下のまぶたを使って目を閉じる意識で、しばらく薄目のように目を細くします。

こうした普段のケアはスキンケアと一緒に行うことで効果を実感することができますので、継続して取り入れていきましょう。

 

目の下のたるみ,対策

 

>> 目の下のたるみ対策化粧品ランキングTOPへ

目の下のたるみ対策のための知識記事一覧

目の下のたるみは20代でも気になる方はいらっしゃいます。目の下のたるみというと、40代、50代といった大人女性が気になる悩みというイメージですが、生まれつきのものだけでなく、生活習慣によって目の下のたるみなど、目元の印象がゆるんでしまうことがあります。20代は、まだ肌の生まれ変わりも30代、40代、50代といった年齢と比べると活発ですが、この時期にしっかりと対策をしておくことが30代以降の目の下の...

目の下のたるみは30代になると少しづつ気になりだす方が多くなる年代です。美容面で様々な面で手間もお金もかかりだす時期で、しかもお手入れをしないとお肌のトラブルも表れやすくなります。※エイジングケアのスタート時期と言える30代の目の下のたるみは予防をテーマに健やかな目元を保つことが40代以降に若見えするポイントと言えます。こちらではそんな30代で目の下のたるみができてしまう原因とたるみの特徴、セルフ...

目の下のたるみが気になる40代は20代、30代と違ってごまかしがきかなくなってくる年代でもありますよね。筆者は実感としてあるのですが、今まではメイクなどでカバーできていたのが、年々カバーしようとすると厚塗りになってしまったり、そもそも目の下の皮膚にハリがなく、伸びたような質感でベースメイクやアイメイク自体のノリも良くないと感じることが増えてきます。40代の目の下のたるみ対策は現在進行形で感じるたる...

50代になると目の下のたるみはこれからの悩みではなく、リアルな悩みとなってきます。エイジングケアにも力を入れている方は多いかと思います。50代以降、60代を見据えて目の下のたるみケアで自分の目の下のたるみの特徴と共に、適切な対策を取ることで、見た目の印象にも違いが出てきます。年相応であることは健全ですが、老けて見られるのは避けたいですよね。こちらでは50代以降、60代までを見据えた目の下のたるみ対...

未来化粧品が通信販売で販売している濃縮美容液「EXLUXURYオールインワンモーニングセラム」の特徴は、時間のない朝でも、スキンケアをしながらベースメイクまでカバーしてくれる利便性がポイントです。オールインワンタイプの化粧品濃縮美容液「EXLUXURYオールインワンモーニングセラム」には、化粧水・乳液・美容液・クリーム・化粧下地・美肌ラメの6種類の基礎化粧品の機能が盛り込まれており、1本で肌のトー...

顔には57種類もの表情筋があり様々な表情が作られます。ところが表情の豊かな人でもその筋肉の20〜30%位しか使っておらず常にトレーニング不足の状態になっています。そこに加齢による筋力の低下も加わると目の下にたるみが出てきます。これを未然に防ぐために表情筋をトレーニングして、特に眼輪筋をトレーニングする事により目の下のたるみ対策を行えます。目の下のたるみ対策のトレーニング紹介目の開閉を利用したエクサ...

目の下たるみには、ツボ押しマッサージをすると良いです。あまりチカラを入れすぎず、に血液の流れを良くするようなイメージで撫でてあげることがポイントです。ツボ押しマッサージも目の周りの皮膚は薄く弱いので優しく行いましょう。目頭のツボ押しマッサージまず目頭に人差し指を当て、目尻の斜め下、1pくらいの骨のくぼみにある救後(きゅうご)というツボを通って、目尻に向かい軽くはじくように押す事を5回ほど繰り返しま...

目の下のたるみとくまは、意外にも関係性があります。というのも、一般的にくまと捉えられているのは、寝不足や体調不良などで目立つ青いくまです。ただし、それ以外にもくまには黒いくま、茶色いくまなどがあります。そして年齢を重ねるごとに目立ち始めるのがこの、黒いくまと茶色いくまだと言われています。では目の下のたるみがくまを作る原因と言われる理由と、目の下のたるみが影響してできるくまの種類についてチェックしま...

リフトアップテープは目の下のたるみを即効で目立たなくしたい時に便利なアイテムです。テープで物理的に目元のを引き上げてくれるため、たるみ引き上げテープや美容テープ、整形テープ、デザインテープと言われることもあります。肌のたるみを目立たなくするほか、コスプレや舞台役者さんなどにも愛用されています。鏡の前で手を使って目元を引き上げるといった行為をした経験がある方も居るかと思いますが、リフトアップテープは...

リフトアップベルトはたるみ引き上げベルトなどと言われる、美容アイテムです。小顔矯正ベルトなども、リフトアップベルトと同様のジャンルと言えます。日常使いが可能なタイプは付けることでたるみを目立たなくしてくれるため、その時だけ即効でたるみを消したいという時に使うことができます。リフトアップベルトの種類後頭部や頭頂部に付けるタイプや顎から頭部にかけて覆うように装着して矯正するというタイプもあります。ベル...

page top