目の下のたるみとくまの関係

目の下のたるみがくまを作る原因?

目の下のたるみとくまは、意外にも関係性があります。というのも、一般的にくまと捉えられているのは、寝不足や体調不良などで目立つ青いくまです。
ただし、それ以外にもくまには黒いくま、茶色いくまなどがあります。

 

そして年齢を重ねるごとに目立ち始めるのがこの、黒いくまと茶色いくまだと言われています。

 

では目の下のたるみがくまを作る原因と言われる理由と、目の下のたるみが影響してできるくまの種類についてチェックしましょう。

 

目の下の黒いくまはたるみによってできるケースが多い

目の下のたるみという状態は、

  • 目の下の眼窩脂肪が衰えている
  • 肌を支える真皮層の衰え
  • 肌の乾燥などのダメージで皮膚のハリが無くなる

というのが主な状態です。

 

これによって目元の印象は暗くなると言われていますが、目の下の黒いくまはこのたるみが起こす陰影によってくまのようになってしまっているケースがあるのです。

 

黒いくまがたるみによる影響かのチェック

目の下のたるみによって、皮膚がふくらみ影ができることで、黒いくまのようになっているかをチェックするポイントは二つです。

  1. 鏡の前、もしくはコンパクトミラーで目を見た状態で顔を上に少し上げる
  2. 目の下のくまがある少ししたの肌を下にさげる

光が上から当たるような状態(部屋の電気を付けるとわかりやすい)で行うと、目の下のたるみによって影ができ黒いくまのように見えていた目の下部分から黒いくまが消える、もしくは薄く見えた場合にはたるみが影を作っているという状況と言えます。

 

茶色いくまが気になりだしたらたるみ対策を急ぐべき

また、黒いくまだけでなく、茶色いくまが気になる、もしくは目の下のくすみが気になるという場合には、目の下の肌自体にメラニンが蓄積して色味がくすんでいる可能性もあります。また、肌の乾燥などによって潤いが不足して明るさを失っている可能性があります。

 

この状況は日々の紫外線による影響や、メイクやクレンジングなどの影響で目の下の肌にメラニンが生成されている状態でターンオーバーサイクルが停滞することでメラニンを含んだ古い角質が残った状態という場合が多いと言われています。

 

この状態は潤いも不足している場合が多いため、外部からの影響を受けやすくなるため、年月が経つうちに目の下のたるみへと繋がる可能性も高まります。
目の下のたるみだけでなく、まぶたのたるみや小じわも含まれますね。

 

黒いくま対策

黒いクマは、いわゆる目の下のたるみによる物理的な影というケースがあります。この場合はくまではなく、たるみ自体をケアする必要性が高いです。
逆に目の下のたるみをケアできれば、黒いくまも目立たなくなる期待が持てると言えます。

 

黒いくま対策のポイントは

  • 表情筋を刺激する
  • 目元の肌を整える
  • 専門治療・施術
表情筋を刺激する

吉本芸人のシルク姉さんをご存じの方は多いと思いますが、シルクさんは表情筋を刺激するフェイスマッサージやエクササイズを欠かしません。
これはシルクさんの実感として表情筋も身体の筋肉と同様に年齢と共に衰えることを知っているからと言えます。

 

実際に自分で顔のエクササイズを行うと感じるのですが、顔全体が温かくなり、見た目の印象も数分でパッと変わることもあります。
思った以上に顔の筋肉というのは使われていないため、しっかりと毎日ケアすることで、目の下だけでなく顔全体のたるみやしわなど、ゆるみがちな印象を変えるのにおすすめな対策と言えます。

 

>> 目の下のたるみ対策のマッサージへ

 

目元の肌を整える

荒れた肌環境は外部からの影響も受けやすくなり、日々メイク・クレンジングを繰り返していると、次はくすみを伴う茶色いくまが色濃く残ってしまう場合があります。そうならないためにも目元のたるみ予防や悪化を防ぐ意味でも、目元用のアイクリームなどでしっかりと保湿をして整えましょう。

 

>> 目元用のおすすめクリームはこちら

 

専門治療・施術

目の下のたるみがひどくなってしまうと、セルフケア、基礎化粧品だけでは完全に解消することは物理的に難しくなってしまいます。
そのため、スキンケアなどでしっかりと対策を行い、悪化を防ぐケアが重要視されています。

 

でも、実際に目の下にたるみができてしまって、目の下にくまがある状態を解消したい!という時には、専門治療・施術を上手く活用することも現実的に視野に入れることも選択肢の一つです。

 

医療行為や手術?と不安になる方も多いですが、近年では技術自体の発達によって新しい施術や治療法などが登場しており、切らずにたるみを除去する、ふっくらとした目の下の肌へと導く方法が登場しています。

 

予防という観点ではなく、目の下のたるみを改善したいという方は、基礎化粧品に沢山のお金をかけ続けるのではなく、美容クリニックでの治療の方が、トータルで見るとコストが抑えられ、さらにしっかりと変化を実感できるという満足度を比較して、最終的に美容クリニックを訪れる方は多いです。

 

最近はレーザー治療などもダウンタイム無しで行えるタイプも多いため、日常にも影響が少なく、かつ目の下のたるみ解消が期待できるため人気が高いです。

 

>> 口コミで評判が良い目の下のたるみ治療があるクリニック

内面から美容と健康を後押ししてくれるサプリ

目の下のクマやたるみなど年齢を感じる瞬間にため息が漏れてしまうという方は多いですよね。
ただ、外見を美しく保つには外側からのお手入れだけでなく、内面の充実が健やかな毎日には欠かせません。

 

私達の細胞や髪・肌などは日々の食事から得た栄養を元に育まれていくことはご存じだと思います。
でも大人になるにつれて美容にこだわるのに、食事はサッパリという方はとても多いです。

 

でも美容家の方や美魔女の方などが口をそろえて言うのが、食事を変えることが美容に繋がるということです。
これはどんな化粧品を使うよりも肌や身体が喜ぶのは必要な栄養を摂った時だということを実感しているからと言えます。

 

実際に大人女性の食生活を見てみると、ダイエットや偏食など、栄養バランスが良くないことが多く、必要な栄養が足りていないことが多いと言われています。筆者も約1カ月間食事記録を取り、それを元に栄養チェックをしてみましたが、ビタミン・ミネラルはもちろんですが、タンパク質も不足しがちでした。

 

しっかり食べているつもりでも、いつも炭水化物や脂質面に偏ってしまうということも少なくありませんでした。

 

そんな毎日の美容と健康を支える食事ですが、どうしても偏ってしまう不足しがちという方にはやはりサプリメントなどの健康食品がおすすめです。
中でも大人女性に喜ばれているのが、プラセンタサプリです。

 

栄養価の高い馬プラセンタの成分

目の下のたるみ,くま,原因,対策

馬プラセンタは、1年に1頭のみ子供を出産する為、馬の胎盤は人と同じく臓器となります。

そのため流通が少ない希少価値が高いので優れた栄養価があります。

 

それだけではなく、健康に嬉しい成分が豚プラセンタと比べ豊富であり、特にタンパク質の源であるアミノ酸は特に豊富だと言われています。
1年でたった3kgしか採れない希少性となっています。

 

馬プラセンタの成分

目の下のたるみ,くま,原因,対策

  • アミノ酸が18種類
  • ミネラル類とビタミン類が各10種類
  • DHA・RNA・コリン
  • 5−アミノレブリン酸・デルマタン硫酸
  • 低分子コラーゲン・ヒアルロン酸・コンドロイチン

などを含みます。

 

せっかく美容と健康を意識してプラセンタサプリメントをためすなら、同じ大人女性から評価されている馬プラセンタサプリを利用したいですよね。
馬プラセンタサプリの中で、今話題なのが、「エイジスト」です。エイジストは、大人気の馬プラセンタサプリ「エイジングリペア」から新たにリニューアルされたサプリメントで、発売から口コミで話題です。

 

充実した毎日のためにも食生活の見直しをしながら足りない栄養を補給して明るい表情を目指しましょう。

 

>> 馬プラセンタサプリ「エイジスト」の詳細ページへ

 

 

 

まとめ

目の下のたるみは目元の印象を暗く見せる黒いくまの直接的な原因となるケースがあります。
この場合には化粧品によるお手入れプラス、エクササイズなど直接的に顔の筋肉を刺激するケア、さらに内面の健康を考えた生活、そして最後は美容医療という面も対策に入ってきます。

 

目元の印象が変わるだけで見た目年齢も大きく変わります。目の下の黒いくまが目立ち始めたという方は、早めの悪化対策をしながら、将来的な目の下のたるみ除去の計画を立てることも必要かもしれません。

 

>> 目の下のたるみ対策化粧品ランキングTOPへ

page top