30代の目の下のたるみの原因とセルフケア

目の下のたるみは30代になると少しづつ気になりだす方が多くなる年代です。
美容面で様々な面で手間もお金もかかりだす時期で、しかもお手入れをしないとお肌のトラブルも表れやすくなります。

 

エイジングケアのスタート時期と言える30代の目の下のたるみは予防をテーマに健やかな目元を保つことが40代以降に若見えするポイントと言えます。

 

こちらではそんな30代で目の下のたるみができてしまう原因とたるみの特徴、セルフケアについてお伝えしています。

 

30代の目の下にたるみの特徴と原因

30代の方の目の下のたるみで注意したいのが紫外線によるダメージ、そして肌の乾燥状態が招くトラブルです。
また、20代の目の下のたるみに多い傾向の目元の巡りが滞ることによる老廃物によるむくみ感も意識する必要があります。

 

30代になると結婚、出産などを経験される方もいらっしゃいますし、生活習慣にも変化が訪れるだけでなく、体の変化も表れてきます。
そのため、目の下のたるみの根本原因と言える肌を支える真皮層のコラーゲンなどが衰えたり、表情筋がゆるんでくるといった加齢による影響も表れやすくなってしまうことを理解しておきましょう。

 

30代の目の下のたるみ対策

30代になると20代とは少し違う対策を取りながら、目の下のたるみ解消を目指すのがポイントです。
30代になると目元にはしわ、まぶたのたるみなど表情がスッキリせずぼやけた印象に見えてしまうことがありますので、セルフケアで対応できる点についてはしっかりとケアを行い目の下のたるみを招く習慣の改善を目指しましょう。

 

30代は紫外線対策のための美白で目の下のたるみケア

30代女性のスキンケアのテーマとも言える紫外線対策を含む美白ケアで目の下の肌を守ることがポイントです。

 

紫外線は肌表面の日焼けだけでなく、真皮層のコラーゲンやエラスチンといった肌を支える層の大切な成分にもダメージを与えることが知られています。
特に目元は皮膚も薄く紫外線によるメラニン生成によって元の肌が茶色くくすんでしまうという状態を招きやすくなります。

 

さらに紫外線による影響は肌のターンオーバーサイクルにも影響があるため、古い角質が肌に残りやすくくすみとなって目元を暗く見せてしまいます。
古い角質が残るとスキンケアの働きも届きにくい状態となるため、悪循環になります。

 

メラニン対策はUVクリームでのケアプラス、メラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐ美白化粧品でのケアが基本です。

 

潤い力が低下する肌の保湿

潤いが低下しやすい30代の肌トラブルを招く乾燥対策を進めましょう。
通常のスキンケアだけでなく、アイケアを集中的に行うことで目元のたるみ対策はもちろん、乾燥による目尻やまぶた、目の下の小じわを防ぐことにも繋がります。

 

内面から美を後押しする

30代になると、外側からのお手入れだけでなく、健康面にも気を配ることが美しさを保つことにも繋がります。
バランスを崩しがちな30代の美容と健康を支えるのはスキンケアだけでなく、内面のお手入れです。

 

食生活から栄養バランスを意識した食事を摂りながら、不足しがちな栄養をサプリメントなどの便利な健康補助食品でサポートして美容を後押ししましょう。

 

>> 30代女性におすすめの美容サプリメントをチェック

 

30代におすすめの目の下のたるみケアのアイケアクリーム

30代の方にピッタリな目元の集中ケアクリームは「グラシューGracieux」が評判が良くおすすめです。
目元の保湿をサポートするのはもちろん、おすすめなのが、美白にも着目した美白成分プラセンタエキスや美容成分を配合し、目元の透明感を保つのに嬉しい30代の方のためのピンポイントケアに役立つアイクリームです。

 

>> グラシューGracieuxの詳細ページはこちら

 

 

 

他にも目元の集中ケアに役立つアイクリームはこちらでチェックできます。
>> 簡単に目元のケアができるアイクリームランキングへ

 

まとめ〜30代からが本格的な目の下のたるみ対策

30代は生活面でも変化を感じる時期ですが、お肌も変化の年代と言えます。特に20代の時のスキンケアが肌に表れ出す時期でもあり、目元の印象にも差が出てきてしまい、若見えする方、逆に老けて見られる方と違いが出てきます。

 

目の下のたるみ対策は基本である表情筋や眼窩脂肪周りを刺激して表情をスッキリと保つエクササイズプラス日々のスキンケアで外部からのたるみの原因となり得る状況を回避していくことがおすすめです。

 

30代は美白がテーマは肌の透明感だけでなく、シワやたるみにも繋がる紫外線対策が重要なテーマとなっています。
20代からのスキンケアプラスαを考える時期でもありますので、この時期にピッタリな目元用ケアアイテムを選びましょう。

 

※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ
※美白:メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加