目の下のたるみで悩む40代が行いたいセルフケア

目の下のたるみが気になる40代は20代、30代と違ってごまかしがきかなくなってくる年代でもありますよね。
筆者は実感としてあるのですが、今まではメイクなどでカバーできていたのが、年々カバーしようとすると厚塗りになってしまったり、そもそも目の下の皮膚にハリがなく、伸びたような質感でベースメイクやアイメイク自体のノリも良くないと感じることが増えてきます。

 

40代の目の下のたるみ対策は現在進行形で感じるたるみ対策が重要となります。
こちらでは40代で感じやすい目の下のたるみの特徴とセルフケアや解消のための情報をお伝えしています。

 

40代の目の下にたるみの特徴と原因

30代から意識し始める紫外線対策の結果が表れ始める年代でもある40代は肌を支えるコラーゲンの衰え、表情筋のゆるみも表れやすくなってきます。

 

肌の乾燥が目立つ年代でもあり、乾燥による小じわなども気になるため、メイクも厚くなりがち、それによってクレンジングによる負担で薄い目元の肌は常に潤い不足という状況を感じる方は少なくありません。

 

40代の目の下のたるみ対策

40代は表情筋のケアプラス肌のハリケアがポイントです。美白を推し進めて紫外線から肌を守る30代の目の下のたるみ対策を継続しつつ、衰え始める表情筋と皮膚自体のハリの両面をしっかりとケアしたい所です。

 

表情筋のトレーニング

身体の筋肉も運動やトレーニングをしなくなると、どんどん衰えてきますよね。顔の筋肉も同様で普段動かさないでいると衰えると言われています。また、年齢と共に筋繊維の柔軟性も失われていきますし、伸びた状態を引っ張り上げる力が弱まってしまいます。

 

40代になると今まで以上に表情のゆるみが目立ち始めますので、毎日のケアとして顔のエクササイズ、目の下のたるみにもおすすめなトレーニングを取り入れて継続することをおすすめします。

 

>> 目の下のたるみ対策に役立つトレーニングはこちら

 

効率良く表情筋を刺激しながらリフトアップを目指すなら美顔器もおすすめ

毎日エクササイズを頑張ろう!と継続している方はエクササイズに美顔器などのアイテムも取り入れていくと効率が高まります。
指や手では再現できない、動きによる刺激は自分で行うよりも肌や筋肉への負担も少なく、巡りの不調で滞りがちなリンパの流れを促してくれる働きもあり、フェイスラインや頬、目元の印象がピンっとスッキリした表情へと導いてくれます。

 

目元の肌のハリケア

表情筋をしっかりとケアしても肌表面の皮膚自体にハリが無いと緩んだ印象に見えてしまいます。
目元の肌のハリを高めるにはやはり、基礎化粧品でのスキンケアが基本です。

 

ただし、通常のスキンケアだけでも乾燥が気になる場合には目元用のアイクリームで充実保湿を行いハリを保つお手入れがポイントとなります。

 

目元の集中ケアに役立つアイクリームはこちらでチェックできます。
>> 目元のハリをに嬉しいアイクリームランキングへ

 

サプリメント・医薬品で内面からのケア

40代になると健康上の悩みも感じやすくなる時期ですよね。疲れが抜けない、寒さを感じやすいなど様々な面で今までと違う違和感が増えてきます。
40代の健康維持や美容は内面からのアプローチには基礎化粧品やエクササイズといったケアだけでなく、サプリメントや医薬品を使って内面から健康を目指す方が増えてきます。

 

女性らしさに嬉しい成分を配合しながら栄養補給をサポートしてくれる美容サプリメントや、女性が感じやすい不調に効果が期待できる成分を配合した医薬品は更年期も間近となってくる年代にとって必要性を感じられる方が多いようです。

 

しみ・小じわに有効な医薬品

 

ロスミンローヤルは有効成分を配合した医薬品です。商品情報にもあるように、しみ・小じわに効果を持つのが特徴となっていて、40代女性の内面のケアに喜ばれています。また、毎日の健康維持、はつらつとしたハリのある毎日に嬉しい栄養や漢方成分などを配合し、健康を後押ししてくれるのも40代女性におすすめされている理由となっています。

 

>> ロスミンローヤルの詳細ページへ

 

医薬品ではなく、栄養面の補助や話題の美容成分を毎日の習慣に取り入れたい方は美容サプリメントにも注目してみてください。
>> 40代女性におすすめの美容サプリメントをチェック

 

今ある目の下のたるみを何とかしたい方

ここまでご紹介したセルフケアのポイントは目の下のたるみの予防や悪化を防ぐことに重点が置かれています。というのも一度たるんでしまった肌を元通りにするというのは基礎化粧品やエクササイズだけでは難しいです。もちろん、見た目の印象という意味ではとても有用ですので、ぜひ続けるべきですが、今の目の下のたるみを何とかしたい、改善したいという場合には、美容クリニックでの治療にも注目してみましょう。

 

というのも美容クリニックはコストがかかるというイメージですが、実際に長い期間スキンケアにかけるお金と比較すると、費用対効果が高く、医学的に認められているため、結果として表れやすいという面があります。

 

近年ではサーマクールなどきらない目の下のたるみ治療も登場しており、過去のように治療後のダウンタイム無しで日常に戻ることができるのに、1回の治療でスキンケアでは得られない変化を実感されている方も多いです。

 

目の下のたるみに対して、悩みが深くコンプレックスになっている方は沢山の対策の中でもわかりやすく変化を目指せる方法を選択肢に入れてみてはいかがでしょう?

 

>> 目の下のたるみ治療で評判が良いクリニックはこちら

 

まとめ〜40代で目の下のたるみ対策を充実させる

40代女性は美容と健康に関して変化を感じる時期です。お肌の悩みでは乾燥、しみ・そばかす、小じわやたるみなど見た目年齢を上げてしまうものが表面化し始めてきます。

 

年相応であることは良いことですが、年以上に見られるのは女性としてやっぱり避けたい所です。そのためにも30代から継続している目の下のたるみ対策をすすめながら、今の身体に合ったお手入れを行いつつ、効率性や結果にこだわった対策にも目を向けるのがここから50代、60代になった時に後悔しないポイントと言えます。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加