50代・60代の目の下のたるみ対策とおすすめケア化粧品

50代になると目の下のたるみはこれからの悩みではなく、リアルな悩みとなってきます。エイジングケアにも力を入れている方は多いかと思います。
50代以降、60代を見据えて目の下のたるみケアで自分の目の下のたるみの特徴と共に、適切な対策を取ることで、見た目の印象にも違いが出てきます。

 

年相応であることは健全ですが、老けて見られるのは避けたいですよね。こちらでは50代以降、60代までを見据えた目の下のたるみ対策のポイントをお伝えしています。思い当たる原因があったら速やかに対処したいですね。

 

50代・60代の目の下のたるみ対策

50代女性の目の下のたるみ対策は

  • 目元の乾燥・紫外線対策
  • 薄くなった肌のケア
  • 表情筋のトレーニング
  • 食生活で内面から健康を目指す
  • 美容クリニックで直接的なたるみ解消

といった多角的なアプローチがポイントになります。
というのも、50代になると、肌だけでなく身体の中も年齢を重ねて衰えていきます。
その中で肌を生み出す組織、細胞も劣化が進み、紫外線などの生活の中で受けるダメージによって目の下や目元の肌にもダメージは蓄積され、長年の負荷が表面化してしまうためです。

 

そのため、50代の美磨きは基礎化粧品だけのスキンケアでは追いつかない点があります。

 

目元の乾燥・紫外線対策

50代になってもスキンケアの基本は乾燥対策と紫外線対策は欠かせません。
ただし、年齢を重ねた肌は肌自体の潤いを蓄える力が衰えてきているため、しっかりと使用する化粧品の成分には注目して使用したいです。

 

保湿成分にはコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分だけでなく、肌表面でバリア機能を担っているセラミドや保湿力が高いスクワランなどといった乾燥を防ぐ成分で肌の保湿力を補います。
そして肌の健康的にケアしてくれる美容成分にも注目しましょう。

 

おすすめされている年齢肌対策に役立つ成分は

  • ビタミンC誘導体
  • レチノール
  • プラセンタエキス

などは有名です。

 

他にもお米由来の成分ライスパワー、アミノ酸なども含むお肌に栄養を与えながら潤いをケアできる成分は年齢肌対策を後押ししてくれます。

 

また、皮膚が薄く乾燥によるしわなども目立ちやすい箇所ですので、通常のスキンケアだけでなく、目元の肌に合わせて作られた目元用クリームで集中ケアをする、さらに目元用パックなどでしっかりと潤いを高めることで乾燥を防ぐことに繋がります。

 

>> 年齢肌対策のために作られた美容成分100%の美容液

 

また、紫外線対策は年齢問わず欠かせません。年齢を重ねると日々の紫外線対策の内容が人によってかなり違いがあり、どこへ行くにもしっかりとUVケアをされる方、外に出るのもすっぴんでという方など様々です。

 

ですが紫外線ダメージは少しづつ肌や肌を支える真皮層にも影響を与えますし、濃いシミとなってしまう原因にもなります。
60代になって目元や頬などの目立つ箇所にシミができてしまって悩んでいる方は多いので、50代でも遅くはないので、紫外線対策を進めましょう。

 

薄くなった肌のケア

目元の皮膚は元々、薄いですが、年齢と共に薄くなってくることで外部からの影響も受けやすくなります。
薄くなってきた肌のケアは上述している保湿などによるバリア機能を高めつつ、食生活などでしっかりと栄養バランスに配慮した食事をすることが大切です。

 

さらに50代になって更年期の違和感が気になる方も増えてきます。そういった場合には頼れる医薬品などを取り入れつつ毎日の健康を補助していくことがポイントとされています。

 

特に巡りの不調をサポートしてくれる医薬品は50代女性から喜ばれており、生活の中で元気を後押ししてくれると愛用されている方は多いです。

 

>> 50代女性が摂りたい栄養補給におすすめなプラセンタサプリ
>> 女性の健康・美しさに嬉しい医薬品ロスミンローヤルをチェック

 

表情筋のトレーニング

50代になると、表情や肌を支える筋力や線維が衰えてきます。これによって今まで保たれていた表情がたるんでしまうというのは大きな原因です。
身体の筋肉と同様に鍛えないと衰えてしまいますので、表情筋も一日の始まりと終わりに動かして刺激をする習慣を作るのがおすすめです。

 

目の下のたるみ対策のトレーニングは難しいことはなく、丁寧に行うことでしっかりと刺激を与えられるので、続けていきましょう。

 

>> おすすめの目の下のたるみ対策トレーニングはこちら

 

効率良くしかもお肌に負荷を与えずに顔のリフトアップを目指すなら美顔器でのフェイスマッサージを並行して行うことでスッキリとした印象を保つことが期待できます。

 

なぜ美顔器がおすすめなのかというと、顔の表情の印象がゆるむ原因には老廃物が溜まって巡りが悪くなることによるむくみも影響しているからです。
これらは生活習慣や食生活とも関わりが深いですが、素早くむくみをケアするのにフェイスマッサージはおすすめされています。

 

このフェイスマッサージを負担をかけずに、美しさを後押しするようにサポートしてくれるのが美顔器です。

 

食生活で内面から健康を目指す

年齢と共に意識したいのは、食事です。というのも日々の食生活によって身体の細胞や組織の原料を得ているため、栄養バランスに配慮した食事はとても重要です。

 

また、ビタミン・ミネラル・タンパク質などの5大栄養素のバランスも大切ですが、プラス年齢による衰えに負けないパワーをサポートしてくれる成分を取り入れて健康維持と若々しさを保ちましょう。

 

年齢と共にしっかりと摂りたい栄養にはポリフェノール、アスタキサンチン、リコピンなど健康に役立つ成分があります。
これらは食事からも摂れるものですので、バランスを意識した食事でしっかりと補いましょう。

 

>> サプリメントを活用して美容を後押し!おすすめこちら

 

美容クリニックで直接的なたるみ解消

50代になると目の下のたるみだけでなく目元のしわ、まぶたのたるみなど気になることばかりです。
これらをセルフケアだけで解消するというのは時間も労力もかかります。またたるみの度合いによってはスキンケアを含むセルフケアでは抗えない場合もあります。

 

この状況を打開できるのは、美容クリニックでの治療が有効性が高いとされています。

 

美容クリニックでのたるみ治療にはヒアルロン酸注射、レーザー治療などがあります。ヒアルロン酸注射などはふっくらとした目元を作るのにコスパが良いという点で近年急速に広まっています。韓流ブームによって韓国の美容整形や美容法が浸透してきているのもこれらの治療を身近にしていると言われています。

 

また、レーザー治療はコラーゲン生成を促すことでたるみを解消するというものが多いですが、最近ではダウンタイムの必要が無い、もしくは少なく済む治療法も登場してきていますし、痛みも少なく行える治療プランが登場しています。

 

これらの治療は医療行為ということもあり、スキンケアなどのセルフケアと違い、一定の効果が期待できる点が大きな特徴です。
目の下のたるみがひどいという場合には、しっかりと違いを実感できる美容クリニックでの治療も視野に入れることは年齢的にも特別ではないです。

 

>> 話題のサーマクールで目の下のたるみを解消!おすすめクリニックはこちら

 

まとめ

50代、60代の目の下のたるみ対策のポイントをご紹介しました。目の下のたるみを年齢で諦めてしまう前に、まだできること、そして自分が知らず知らずにやってしまっているたるみを進めてしまう原因をしっかりと見つめ直して、地道な継続によって目の下を含む目元の肌環境を整えていきましょう。

 

50代でのハリのある目元はマイナス5歳以上とも言われる若見えポイントです。気になっている今だからこそ、しっかりとケアして周りとの違いを生み出す大切な期間と言えます。

 

リペアジェル

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加