目の下のたるみをリフトアップテープで目立たなくする

リフトアップテープで目の下のたるみを目立たなくする方法

リフトアップテープは目の下のたるみを即効で目立たなくしたい時に便利なアイテムです。
テープで物理的に目元のを引き上げてくれるため、たるみ引き上げテープや美容テープ、整形テープ、デザインテープと言われることもあります。肌のたるみを目立たなくするほか、コスプレや舞台役者さんなどにも愛用されています。

 

鏡の前で手を使って目元を引き上げるといった行為をした経験がある方も居るかと思いますが、リフトアップテープはその状態をキープすることで目の下のたるみや目尻を目立たなくしてくれます。

 

リフトアップテープの特徴

リフトアップテープの特徴は基材をポリウレタン製などを用いていて、接着面にはアクリル系の接着剤が使用されているのが一般的です。
医療用テープを応用したものも多く、色は透明色で肌に馴染みやすいマットなタイプが一般的です。

 

厚みも0.025mmといった極薄なフィルムなどを採用しており、かなり薄く作られているため付けていても目立たないのも特徴です。

 

リフトアップテープの種類

リフトアップテープの種類にはたるみやしわの周辺に張り付けて引き上げるタイプとシワ部分に直接貼り付けてしわを伸ばしてくれるタイプ(しわのばしテープ)に分類されます。
目の下のたるみを目立たなくしたい場合には引きあげて伸ばすタイプを使用します。

 

直接貼るタイプは貼り付けているのが目立つので夜寝ている間などに使うのが基本です。対して周辺に張り付けて引き上げるタイプは髪の生え際やフェイスラインの影になる部分、耳の裏といった箇所に張り付けて使うことが多く、付けた状態で外出することもできます。

 

リフトアップテープが使える場所

  • あご・フェイスラインの引き上げ
  • ほうれい線の引き上げ
  • 目元の引き上げ
  • しわを伸ばす

などに使えます。

 

リフトアップテープを貼ることの効果

上述したように周辺に張り付けて皮膚を引き上げることによって目立たなくする、しわに直接貼り付けて伸ばすといった物理的な行為ですので、付けている間はたるみやシワが目立たなくなり、人によっては消えたように見えます。

 

また、フェイスラインなどを引き上げることによる表情筋への刺激や負荷によって鍛えるという面もあり、矯正にも着目しているのが特徴です。

 

リフトアップテープの使い方

  1. 耳の裏や少し下部分、こめかみといったリフトアップしたい箇所の近くにリフトアップテープを片側部分貼る
  2. 好みの位置まで引き上げた状態でもう片方を貼って固定
  3. しっかりと肌とテープを密着させる

様々な形状や種類がありますが基本としては上記のように貼り付けます。やってみるととても簡単です。
また、リフトアップテープによってはメイク前に貼るタイプとメイク後に貼るタイプがあるので、この点は商品をしっかりと確認しましょう。

 

リフトアップテープを長持ちさせるポイント

貼り付ける前の準備を怠ると、テープの持ちが悪くなったり、ヨレてしまうことがあるので注意しましょう。

  1. テープを貼る前にクレンジング剤などで皮脂・油分をふき取る
  2. 貼る前にテープの接着面に触れないように注意する

この2点は貼った後のリフトアップテープを長持ちさせる基本となります。初めての場合は1枚を手の甲などでテープ自体の特性をチェックしながら試し貼りするのがおすすめです。

 

リフトアップテープのはがし方

乾燥した状態ではがすと皮膚にも負荷がかかるので洗顔料などを泡立てテープの上から馴染ませて水分を含ませた状態にして、ふやかすようにしてから優しくはがしていきます。

 

また、クレンジングオイルなどの油分をコットンなどに含ませてテープの端を優しくこすって、ヨレてきてからゆっくりとはがすのがおすすめです。

 

リフトアップテープによる肌トラブルに注意

貼ってすぐに効果が出て変化がわかりやすいリフトアップテープですが、使い方や肌との相性によって肌トラブルを招く場合があります。

 

例えば

  • 絆創膏や湿布などで肌がかぶれやすい人は使用するとかぶれる可能性がある
  • 長時間の貼り付け、何度も同じ箇所に貼る習慣が続くと皮膚が傷つき炎症を起こす場合がある
  • 貼り付け方によって負荷で皮膚や肌の下の真皮層にダメージを与えてしまう場合がある
  • 引っ張りすぎによる皮膚へのダメージ

という点には注意しましょう。テープの貼り付けは敏感肌の人には負担がかかることが多いです。

 

リフトアップテープのメリット・デメリット

リフトアップテープのメリット

  • 貼ってすぐに目の下のたるみやしわを目立たなくしてくれる
  • コツをつかめば誰でもたるみを隠せる
  • 年齢に関係無くできる即効性が高い目の下のたるみ解消法
  • 価格は安い商品が多いので、経済的にもコスパが良い

リフトアップテープのデメリット

  • 矯正状態は貼り付けている時のみ
  • ずっと貼り付けていてもたるみを無くす効果は期待できない
  • メイクによってはヨレて目立ってしまうことがある
  • 皮膚を引っ張る負荷による肌へのダメージ

どんな時にリフトアップテープはおすすめ?

日常的な使用よりも大切なおでかけ、オシャレをして若々しく振舞いたい時などに使うのがおすすめです。
日常使いに適していないタイプのリフトアップテープだと肌への負担が気になります。

 

リフトアップテープはどこで買える?

リフトアップテープはアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングなどネットで購入できます。店舗によってはドラッグストアなどお店でも購入できます。

 

リフトアップテープの価格は?

1,000円以下も多く、1,000円〜2,500円くらいで購入できます。芸能人がプロデュースしていたり、愛用しているといったこだわりのリフトアップテープの場合は4,000円以上することもありますが、普段使いなら2,000円以内のものでも十分使えます。

 

リフトアップテープの内容量は?

リフトアップテープは1箱で5枚〜20枚、容量が多いタイプだと100枚入りなどもあります。

 

リフトアップテープ利用者の口コミ

 

付けると目の下のたるみが目立たなくなり、若く見えるので時々使っています。
年齢と共にスキンケアやメイクだけで追いつかないなーと感じて使ってみましたが、毎日使うのはちょっと面倒かなと思いますが、同窓会などちょっとしたおでかけの時はこっそり使ってます。

 

※個人の体験による感想です。


 

長時間付けていると、ヨレてきたり、かゆみを感じてストレスになってしまいました。汗をかくとはがれてしまうこともあったので、私には合わなかったです。

 

付けている時は目の下のたるみも引き上げられていますが、やっぱりはがした時に現実に戻る感じがちょっとさびしいです。。

 

※個人の体験による感想です。


 

今、消したい目の下のたるみにリフトアップテープは役立つ

リフトアップテープは付けることで物理的に目の下のたるみを消したり、目立たなくしてくれる即効性が魅力です。
ただし、あくまで付けている間のみの効果ということで、補正下着にも近いです。根本的な解消には至りませんが、今目の下のたるみを隠したり、目立たなくしたいという時には活躍してくれるアイテムです。

 

年齢と共に目の下のたるみに対して、スキンケアやメイクでのカバーに限界を感じているけど、美容クリニックでの治療をするのは気が引ける、経済的に難しいという方はお求めやすい価格で付けた瞬間は目の下のたるみをカバーできますので、日常使いではなくても持っていて損はないかもしれません。

 

>> 目の下のたるみ対策化粧品ランキングTOPへ


このエントリーをはてなブックマークに追加
page top